「できない」を「できる」に変える方法

「できない」と思ったら、できることもできなくなる。

 

写真は、最近ハマっている「パターンアート」。
枠線を描き、その中を様々な模様で埋めていくというアート。

Instagramで初めてパターンアートを見た時、
「細かいなー、私にはできないや」
と思っていたんですよね。

でもちょっと待って。

 

「できない」ってどうして思ったの?

 

どうして「できない」と思ってしまうのでしょうか。

今回、私がパターンアートを見て「自分にはできない」と思ったのは、
やったことがないし、難しそうに見えるから。

だから「自分にはできない(だろう)」と思ったのですね。

(だろう)なんです。

「きっとできない、できるはずがない」と決めつけていたんですね。
そこで、決めつけをやめてみました。

 

「できるかもしれない」に変えてみる。

 

やったことがない。でもそれって、

やったことがないだけで、できるかもしれないじゃないですか。

まずは「できない」を「できるかも」
可能なら、「できる!」と思ってみます。

 

ハードルを下げてやってみる

 

下手でもいいから、失敗してもいいから
とにかく手をつけてみる。
準備はほどほどに、まずやり始めてみる。そして完成させる。

(パターンアートも、専門の本を読むなど一切しませんでした。自由!)

最初からうまくできなくてもOK!
やりながら覚えていくこともあるし、
続けていれば必ず上達します。はじめの出来は気にしないこと。

 

やってみた結果……

 

それなりにできた!

初めてにしては上出来じゃない?!
と自画自賛できる程度のものが出来上がりました。

そして何より、楽しかった!
できたぞ、という達成感が湧いてきます。

これはやってみなければわからない感覚です。

もっと上手くなりたい、たくさん描きたい!
という次への意欲になります。

 

いいわけに気付こう

 

できない理由は、他にも考えられます。

・時間がない
・場所がない
・お金がない
……etc

ですが……これらの理由は

いいわけです。

本当にやりたいことだったら、
それくらいの問題はクリアしてしまうはずだから。

・時間がない→他の何かをやめて(時短して)時間を作る

・場所がない→断捨離する、レンタルスペースや収納を借りる

・お金がない→節約する、収入源を増やす

これらの理由で「できない」と思うということは、

「面倒くさい」
「本当はそこまで興味がない」
など「別にやりたくない」という思いがあるから。

「できない」ではなく「やる気がない」のです。
「そんなに努力してまでやりたくない」と思っていませんか。

「やりたいとは思ってるもん!」
というのなら、まず自分の中のいいわけに気付くこと。
そして、「いいわけになってしまう物事」を
解決できるように努力してみる。

時間はかかるかもしれません。
けれど、本当にやりたいことなら、
どんなに時間がかかってもやりたいはずです。

 

「できるかもしれない」の先に……

 

興味があるけれど「私にはできない……」と躊躇することがあるなら、

ぜひ「もしかしてできるかも!」と気持ちを反転してみてください。

やってみて意外とできたとき。
下手くそだけど、何かが完成したとき。

「なんだ、結構イケるじゃん!」
「もっとやりたい!上手くなりたい」

そんな気持ちが湧いてくるかもしれません。
そこには小さな達成感と、大きな楽しみが待っています。