「ですます」と「である」を統一しよう【ブログ文章講座】

〜簡単!ブログ文章講座〜
ちょっとしたコツでもっと読みやすい文章になる!

「ですます調」と「である調」の違い

それは文末(語尾)の違いです。

・ですます調
「今日は晴天です
「私たちはハイキングに行きます

・である調
「今日は晴天である(だ)
「私たちはハイキングに行く

ですます調は、普段の会話でも使われる形で、丁寧な表現(敬語)です。
である調は、断定的な表現で、文章が堅く、厳しい調子になります。

文章を書く時は、文末をどちらかに統一する

先ほどの例文を組み合わせてみましょう。

「今日は晴天です。私たちはハイキングに行く」

何か変な感じがしませんか?
前半は「ですます調」、後半は「である調」になっています。

「今日は晴天だ。私たちはハイキングに行きます」

こちらは前半が「である調」、後半が「ですます調」です。

前半と後半の文末がちぐはぐで、
敬語と断定調が混ざっています。
リズムが悪い雰囲気がお分かりでしょうか。

「今日は晴天です。私たちはハイキングに行きます」
「今日は晴天だ。私たちはハイキングに行く」

どうでしょう。
前者に比べて、スッキリと読めませんか?

「ですます調」と「である調」を文章の中で混在させると
リズム感が崩れて、文章全体が読みにくくなってしまいます。

どちらを選んでも良い

クライアントからの指定があるライティング仕事でもなければ、
どちらの文体を選んでもOKです。

一般的には
・「ですます調」 丁寧な優しい雰囲気
・「である調」 論文、報告書などに使われる堅い雰囲気

という感じ方になります。

ブログ全体の雰囲気、筆者のキャラ設定、記事の内容によって
使い分けましょう。

※ブログ全体で統一すると雰囲気が定着しやすいと思いますが、
記事によって使い分けても良いと思います。
(私は使い分ける派です)

使い方によっては混在もアリ

・「ですます調」の文章の中で、箇条書きの部分だけ「である調」にする
・「である調」の文章の中で、会話文(セリフ)だけ「ですます調」にする

その他、意図的に混在させる場合もあります。
その場合、何かしらの効果を狙ってのことだと思うので問題なし。

意識できるようならしてみましょう

ブログは正式な(公的な)文書ではありませんし、
個人が自由に書けるものです。

「そんなに堅苦しく言われると、ブログ書くの嫌になっちゃう!」
「うるせぇ!楽しくかければそれでいいんじゃい!」
という場合は、文体など気にせず楽しく書きましょう。

ブログは、まず書くこと、続けることに意義があります。

書くことに慣れてきたら
今度は、内容がより伝わりやすくなるように
読む側の読みやすさにも気を配ってみると
より「読まれるブログ」になっていくと思います。

余裕ができたら、ちょっと心がけてみてくださいね^^

 

 

筆文字オーダー制作承ります

ポストカードサイズ 書下ろし 500円〜
お名前詩 1000円〜
誕生日プレゼントや挨拶状、命名書などにご好評いただいております^^

詳細はこちらをご覧くださいませ。
【オーダー制作のご案内】

お気軽にお問い合わせください。

 

 

筆文字ハガキ送りますキャンペーン実施中

Facebook友達申請 または Instagramをフォローの上、
メッセージ(DM)にて・ご住所 ・お名前 ・お誕生日(任意)
をお知らせいただければ
私から筆文字アートのハガキをお送りさせていただきます!

もちろん無料!お返事不要!
季節のお便りや、誕生日をご記入いただければ
バースデーカードもお送りしようと思っております!

住所はご自身の店舗やオフィスなどでもOKです!はじめましての方もご遠慮なく、メッセージいただければ🎶
ぜひご応募くださいませ!
Facebook
Instagram