行きたいイベントに行けない! その思いの丈は宣伝にぶつけよう!

イベント告知記事のコメント欄に
「◯◯なので参加できません」と
わざわざ書く人がいる。
不参加表明を頼んでもいないのに。

「行きたいのに行けないんだから、
そう書いたっていいじゃん!」
「本当は私も行きたいんだよ!」
「応援してるよ!」「成功してほしい!」
と伝えたい。
その気持ちもわかるけれど。

でも、「私は行けない!!!」って
表明するコメント、本当に必要かな。
イベントの告知ページに
その言葉があった方がいいと思う?

ちょっと立ち止まって考えよう。
それ、エゴじゃないかな。
「私はこんなにあなたを想っています」と
アピールしたいだけになっていない?

もしイベント告知ページに
「参加できません」のコメントが
ずらりと並んでいたら
人気がないように見えてしまう。
面白くないのかなと思われてしまう。
盛り下がってしまうんだよ。

主催者だってそんなの嬉しくないよね。
一所懸命に考えて作っているイベントに
頼んでもいないのに
「行けません」なんて書かれたら。

でも、応援したい気持ちはある。
行けなくて本当に残念。
イベントは成功してほしい。

そんな時にどうすればいいか。

・イベント情報を宣伝する
(自分のブログやSNSでシェアする)
・友人や知人に教える

そのイベントを宣伝して
盛り上げるために一役買う。
これが主催者には一番嬉しいと思う。

主催者に向けて
盛り下がるような言葉をかけるより
黙って支援した方がずっといい。

相手が気づいてくれなくたって
いいじゃない。
だって、あなたは
その人を応援したいんでしょう?
成功してほしいんでしょう?

自分の気持ちのアピールではなく
本当に相手のことを想うのなら
自分のできることで応援しよう。

シェアしても
フォロワーが少ないから……とか
ブログのアクセス数も少ないし……
なんて思わなくていい。

行動したことと
その気持ちが大事。
実際に集客に繋がったかどうかは
わからないけれど、
その結果はどうあれ
主催者はきっと
あなたのその気持ちが嬉しいよ。

(逆に主催が
「その程度のフォロワー数で
シェアされてもね……」
とか言っちゃう奴だったら
見限っていいと思う)

共通の友人知人に向けて
不参加を告げておきたいときは
個別にやりとりするか
自分の記事の中で
書けばいいんじゃないかな。
自分のブログやSNSでの発言は自由だし。

「行きたいけど行けない!!!」
という思いの丈は
自分のサイトで。
その勢いで思いきり
宣伝しちゃいましょう。

自分の想いを伝える前に
ちょっとだけ
相手の気持ちを想像してみよう。

相手のためになることを
考えてみよう。

きっと、もっともっと
いい関係が築けるはずだから。

 

 

筆文字オーダー制作承ります

ポストカードサイズ 書下ろし 500円〜
お名前詩 1000円〜
誕生日プレゼントや挨拶状、
命名書などにご好評いただいております^^

詳細はこちらをご覧くださいませ。
【オーダー制作のご案内】

お気軽にお問い合わせください。