歯列矯正7ヶ月の変化

2018年の7月から歯列矯正中です。

思えば高校生の頃から
前歯の捻れが気になっていたのですが
費用面と痛そうなのとで
大人になってもなかなか決心できずに
アラサーになってしまい……

そろそろアラフォーに突入……
というところで
やっと重い腰を上げました。

詳細はそのうち詳しくレポートするとして、
取り急ぎの感想は

・思ったより全然痛くない
・思ったよりなんでも食べられる
・思ったより歯が動くのが早い
・歯磨きめっちゃ時間かかる
・前歯で噛みきれないのがちょっと辛い

こんな感じです。

思ったより……が多いのは
矯正についての前知識
(ネットで調べた経験者の感想)
がなかなかハードなもの
ばかりだったからかと思います。

特にSNSには
「痛い、辛い」ことは書いても
「大丈夫」は書かないことが多いのかと。
(私もそうですが笑)

思いのほか、それほど辛くない
というのが今のところの感想です。

辛かった時期は
器具に慣れるまでの最初のひと月くらい。

個人差もあると思うので
一概には言えませんが……

歯が動いて
だんだん揃っていく嬉しさは
辛さに勝りますよ。

以下歯の画像あり注意⚠

10月時点では、上の歯は
まだクワドヘリックスという
拡大装置をつけてひと月ほど。

下の歯はブラケットとワイヤーを
装着したばかりでした。

12月に上の歯の装置を変更。
(クワドヘリックスからブラケット+ワイヤーに)

それから約2ヶ月半で
前歯の捻れがだいぶ解消しました!

完了までは2年の予定で
まだまだ先は長いけれど
これだけでもだいぶ嬉しいです!

器具が鬱陶しいことは
間違いないし
不調なこともあるけれど

完了まで頑張ります。